鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年12月05日

ダイエットの停滞期の原因と乗り越え方 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です★

 

 

ダイエットで必ず訪れるもの。といえば

「停滞期」です。

誰でも一度は停滞期を経験したことがあると思います。

 

では、なぜ停滞期は起きてしまうのでしょうか?

そして上手く乗り切る方法はあるのでしょうか?

 

 

【停滞期が訪れてしまう原因】

私たち人間の身体はとても神秘的で、

ある一定のライン以下に体重減少が進んだ時に

それ以上体重を減らしてしまっては危険なので

命を守ろうと身体が判断するのです。

その機能の名前を

「ホメオスタシス機能」と言います!

 

食事から吸収するエネルギーの吸収率を高めて、

消費するエネルギーを減らして

体内に温存しようとする 働きです。

食べる量が減った時に

少ない食べ物でも生き延びていけることが

できるようにしようとする本能的なものなのです!

 

ダイエットををしている時に体重減少が止まってしまう

停滞期が起こる原因はこのことにあったのです。

しかし、これはダイエットをしている人にとっては

困ったことですね((+_+))

 

 

【停滞期の乗り越え方】

ダイエットの停滞期に焦って無理なダイエットを行ってしまうと

かえって逆効果になります。

順調に体重が減っていたのに急に減らなくなってしまった時は

焦らず、これまでにしてきたダイエットを継続させることが大事です。

 

これまで順調に減っていた体重が

急に減らなくなってしまった時は、

今までしてきたダイエット法を見直すチャンスです。

体重が順調に減っている時は

「少しくらい大丈夫」と高カロリーなものを

摂取していませんでしたか?

高カロリーのものや糖質の多いものを

「少しだから」と食べ続けていると

停滞期を長引かせる危険があります。

 

まずは自分なりの方法で

どんな時に体重が増えてどんな時に体重が減っているのかを

把握する必要があります!

こまめな体重管理が大切なのは自分の身体を知るためです。

 

 

【停滞期こそモチベーションを上げる】

ダイエットの始まりと終わりを決めるのは自分です!

停滞期で体重が落ちにくくなっていると

「もうやめようかな」と思ってしまうかもしれません。

でも、そこでやめてしまっては

せっかく今まで努力してきたことが水の泡です。

 

ダイエットに対するモチベーションが下がってしまった時は、

何故ダイエットを始めたのかを思い出してください☆

また、痩せて綺麗になった自分を想像して

どんなに良いことがあるかを妄想するのも一つの手です!

 

ダイエットをしていれば必ずやってくる停滞期。

でも、停滞期はいつまでも続く訳ではありません。

今まで行ってきたダイエット方法を見直して

改善できるところは改善していけば、

また体重が減っていく日は必ず来ます(^▽^)/♬

 

なので、停滞期がきても

どうか諦めないでまずはよく考えて見直してみてください☆

 

「フクロウ イラ...」の画像検索結果

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも行っております。

ダイエットしてもなかなか痩せないという方は

そのダイエット法に問題があるかもしれません。

 

当局ではこまめなカウンセリングや

体調チェックも行っているので

一人ひとりに合ったサポートができます。

 

ダイエットをするのが初めてという方も

今回で最後のダイエットにしたいという方も

お気軽にご相談ください(⌒∇⌒)

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店☎045-718-6801

桜木町店☎045-341-4823




ページ上部へ