リニューアル準備中

ただいまウェブサイトのリニューアル中です。ご迷惑をおかけしております。
新しいウェブサイトの公開まで今しばらくお待ち下さい。

鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年11月07日

甘いものとの付き合い方 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆

 

 

ダイエッターの方にとっては「おやつ」は天敵だと思いますが、

そんなおやつも気を付けるポイントを知っておけば大丈夫です!

(本当は間食をしないのが一番良いのですが。。)

今日はそのポイントをご紹介します(⌒∇⌒)

 

 

【POINT1】おやつは200㎉まで

性別や年齢、1日の活動量によって個人差はありますが、

約200㎉までが目安です!

ただし、できるだけヘルシーなものを選ぶようにしてください。

おやつとしてのイメージはないかもしれませんが、

例えば食物繊維、ミネラル、ビタミン、タンパク質を

バランスよく含む「納豆」を選ぶものオススメです!

 

【POINT2】甘い物を食べ過ぎたら?

基本はヘルシーな食材がオススメですが、

どうしてもケーキやクッキーが食べたい場合は

前後の食事でご飯1杯強の糖質を減らしましょう。

ご飯を全く食べないというのはNGです!

少なめを意識しましょう★

 

【POINT3】よく見て食べる

おやつの食べ過ぎを防ぐには

よく見て食べることも重要です!

脳は視覚情報から満足感を得ていると言われています。

普段スマホやテレビを観ながらの

「ながら食い」をしている人は要注意です!

 

 

甘いおやつに含まれる白砂糖は

脳を快楽にもたらす作用があるので

ついつい食べ過ぎてしまいますが

工夫次第で砂糖以外でもハッピーになれる方法が

たくさんあると言われています★

 

*音楽を聴く

好きな音楽を聴くと快楽物質の一種である

「ドーパミン」が放出されやすくなります。

 

*スキンシップ

スキンシップも効果的だと言われています。

人間ではなくても動物と触れ合うのもオススメです!

 

*肉、魚、卵、大豆製品を食べる

先ほどのドーパミンは、やる気を促す作用もあります。

このドーパミンはタンパク質を材料に出来ていると言われています。

何か食べたくて我慢ができないという方は

茹で卵を1個食べたり、サラダチキンでも良いでしょう✮

 

 

ダイエット効果を高めるには

食事をしっかり食べて間食をしないのがベストなのですが、

ストレスのため過ぎも良くありません。。

「甘いもの」をおやつとして食べ慣れている方にとっては

いきなりヘルシーなものに変えるのは

抵抗を感じやすいでしょう。

 

その場合、まずはほんのり甘いカフェオレを

1日1杯飲む方法を実践してみてください。

ストレスはリバウンドの原因にもなりやすいので

200㎉という数値を守りつつ、適度に甘いものを取り入れながら

少しづつヘルシーなものに移行していきましょう♬

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットしているのになかなか体重が減っていかないという方!

そのダイエット方法は本当に正しいのでしょうか?

 

当局の「漢方ダイエット」は違います!

筋肉や水分ではなく脂肪をしっかり落とします★

極端な食事制限はありません。

 

ダイエットでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店☎045-718-6801

桜木町店☎045-341-4823

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ