完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

太りやすい生理前に飲むと良い豆乳

2018.10.14

 

 

皆様こんにちは(*^▽^*)

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆☆

 

 

生理前はどうしても太りやすくなってしまいがちですが

そんな生理前に効果的だと言われているのが「豆乳」です!!

豆乳のダイエット効果と成功のポイントを紹介します★

 

 

~豆乳が生理前に効果的な理由~

豆乳を使ったダイエットは、ポイントがあって

豆乳を飲むタイミング、豆乳を飲む量、豆乳を飲む時期が重要になってきます。

これを間違えてしまうとなかなか結果が出づらいようです。。

 

まず、豆乳を飲むベストな時期は「生理7日前から生理日まで」です!

排卵してから生理が始まる7日間は、体が栄養を蓄えようと準備をしています。

それは、女性ホルモンのプロゲステロンが増えるからです。

プロゲステロンは妊娠に備えて、脂肪や水分といった栄養を溜め込もうとします。

生理前に太ると言われているのはプロゲステロンが原因の一つです!

 

そこで、もう一つの女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをする

豆乳をこの7日間に飲むことによって脂肪や水分の溜め込みを阻止することが

できると言われています。

まずは自分の生理周期を把握してみましょう。

 

 

~豆乳ダイエットの注意点~

豆乳ダイエットは、生理開始1週間前から一日200mlの豆乳を飲むだけ

という簡単な方法です。

基本、どのタイミング、どの配分で飲むかは自由ですが

より効果的に投入を摂取するなら朝食の30分前に摂るのがオススメです!

昼食前や夕食前に飲んでも構いませんが、

朝食前に飲むことによって腸のぜん動運動が活発になり

便通がスムーズになるのだそうです☆

また、食前でなくて食間でも食後でも良いのですが

豆乳はGI値が低い食品のため、食前に飲むと血糖値の上昇を緩やかにし

脂肪をつきにくくする効果が期待できます!

 

注意点は、1日の摂取量が200mlを超えないようにすることです。

先ほども言いましたが、豆乳には女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをする

豆乳イソフラボンが含まれています。

しかし、豆乳イソフラボンの過剰摂取は生理周期の乱れや月経量の増加など

体調に変化をきたす可能性がありますので、飲み過ぎには注意してください!

 

また、生理がきたら豆乳を飲むのはやめましょう。

豆乳は体に良いものなので、いつ飲んでも構わないのですが

ダイエットの観点から見ていくと、体が豆乳の成分に対して耐性ができてしまうので

ダイエットの効果が薄れてしまう可能性があります。

豆乳の性質を理解して、キレイに痩せましょう☆

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットしてもなかなか体重が減らないという方は

そのダイエット方法に何か問題がある可能性があります。

 

痩せると思って当たり前にやっていたことが

かえって太りやすくしていたりなんてこともあります。

カウンセリングを行い、正しい食生活やダイエット方法をお伝えします。

体調チェックも行っているので一人ひとりに合ったサポートができます!

ダイエットでお悩みの方はまずはご相談からしてみてください。

 

また、10月から桜木町店がオープンしました!!!

桜木町店でもご予約受け付けております★

ご予約はお電話にて受けつけております!

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店☎045-718-6801

桜木町店☎045-341-4823

 

 

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (115)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (271)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)