完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

秋太りを防ぐために食べて欲しい食材

2018.09.19

 

 

 

皆様こんにちは☀

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です(*^-^*)

 

やっと涼しくなってきて過ごしやすい天気になりましたね♪

そんな秋は太りやすい季節と言われています!!

もちろん、個人差はあるので一概には言えませんが。。

本日は、秋太りしやすい原因とそれを防ぐために

食べて欲しい食材についてお話していきます(⌒∇⌒)

 

 

秋に食欲が増す方はとても多いと思いますが

その仕組みについて・・・

 

【秋に食欲が増すワケ】

①日が短くなる

セロトニンの分泌量が減る

食事で分泌を促すため食事量が増える

 

②気温が下がる

暖房器具を使う

身体の体温調節が鈍くなる

基礎代謝が上がらない

 

③夏バテが解消

食欲が増す

代謝が低いまま食事によるカロリー摂取が増える

 

 

①の「日が短くなる」は別称「幸せホルモン」と呼ばれる

脳内の神経伝達物質「セロトニン」が関係しています。

セロトニンは精神の安定化だけではなく

食欲の調整にも深く関係しているそうです。

セロトニンは日照時間で分泌量が変わっていきます。

秋は、少なくなったセロトニンの分泌量を増やそうとして

食欲旺盛になるスイッチが入ると言われています。

ダイエットしたいのにたくさん食べてしまうのはこのためです!

 

②の「気温が下がる」は体温を維持するために身体の熱生産が促進されます。

「涼しくなると基礎代謝が上がる」と言われているのはそのためです。

ところが、暖房などの空調設備の整った環境下では

そのメカニズムが上手く機能しにくいのだそうです。

 

③の「夏バテ」は夏バテが回復し、自然と食欲が増してくる秋。

しかし、基礎代謝は夏の時と同じで低空飛行のままなのです。

その結果、上手くカロリーを消費できず「秋太り」の原因に繋がりやすいのです。

 

 

【代謝を上げる方法】

秋は旬の美味しいものが増えて食事が楽しい季節だと思います★

食事制限して我慢するダイエットは精神的にもあまりよくありません。

今回は食事によって代謝を上げるためのポイントを紹介します!

 

1・温かい汁物、飲み物を飲む

「冷え」は女性の大敵ですよね。放っておくと代謝が悪くなり

痩せにくい体質を作ってしまいます。

味噌汁やミネストローネ、ホットドリンクなどを積極的に飲みましょう。

特に味噌汁は発酵食品でイソフラボンも入っているので

綺麗に痩せるためにはどんどん飲んだ方が良いでしょう!

 

2・根菜類を食べる

ニンジンやレンコン、ゴボウなどの根菜類は身体の内側から温めてくれます。

根菜類は旬の食材です。素材になるべく手を加えずに

シンプルに美味しく食べるのがより効果的です。

 

3・鉄分を摂取する

鉄分が不足すると、筋力に酸素が行き渡らなくなり

代謝の低下を引き起こします。

ほうれん草や小松菜、レバーなど鉄分を含んだ食材を摂りましょう!

 

 

この3つを積極的に摂るようにしてみてください。

食事制限は代謝を下げてしまうのでかえって痩せにくい体質になってきます。

食事はしっかり食べましょう!

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットしてもなかなか痩せない方は

そのダイエット方法になにか問題があるかもしれません。

痩せると思ってやっていたことが実は太りやすくしていた。

なんてこともあります。

 

また、カウンセリングと同時に体調チェックも行っているので

一人ひとりに合ったサポートができます。

ダイエットでお悩みの方はまずは一度ご相談からしてみてください!

ご予約はお電話にて受けつけております。

 

KANPORO 松山漢方相談薬局鶴見店

TEL☎045-718-6801

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (115)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (271)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)