鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年08月04日

ラーメンが我慢できない時の対処法 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆

 

 

ダイエットの大敵はたくさんありますが

今日は、好んで食べる人も多いはずの

「ラーメン」についてお話していきます。

 

ラーメン=太る

というイメージを持っている方も多いと思いますが

その通りで、残念ながらラーメンは太りやすい食べ物です。

 

しかし、工夫すればカロリーカットできたり

血糖値の急上昇を防ぐこともできるので

参考になればと思います。

 

ダイエット中に

食事量を極端に減らすことを続けていると

代謝が落ちて、手足が冷えるということがあります。

 

その冷えは、強いストレスとなって

疲労感や免疫力低下を引き起こしてしまいます。

 

ラーメンのスープの脂肪と塩分は活動中に優位に働く

交感神経を高めるので、ひどい疲れや倦怠感があるときに食べると

やる気や元気を出してくれます。

麺は熱量になりやすい炭水化物なのでスムーズに活力になってくれます。

 

ダイエット中に極端な食事制限をしていると

かえって高カロリーなものを食べたくなってしまったりするので

食事制限はやはり良くないのです。。

 

 

**ラーメンが太りやすい理由**

 

お店にもよるのですが、ラーメン1杯あたりのエネルギーは

600㎉~1000㎉、糖質は60g前後、塩分は4g~7g程度。

 

健康な人であれば週に1回なら食べても問題はありません。

ラーメンを食べた日の夕食は野菜中心の薄味の食事や

炭水化物を少しだけ減らしたり、調整しましょう。

 

「飲んだ後の〆のラーメン」や「大量のインスタントラーメンが常食」は

当然太りやすくなってしまいます。

年齢を重ねるごとに基礎代謝は徐々に減っていきます。

20代にに比べて、40代は約8%、50代では約16%低下します。

そのため、太りやすくなると言えます。

 

麺類はどうしても炭水化物の糖質、スープの塩分、脂質の量が多くなり

野菜やタンパク質が少なく偏りがちです。

糖質、塩分、脂質は、内臓に負担がかかりやすいので

年齢とともに代謝が難しく、太りやすくなってしまうのです。

 

太るのはわかってはいるけどどうしてもたまには

ラーメンを食べたい!という方は

これから太りにくくするための食べ方のコツを

紹介していきます。

 

 

1.具なしよりもチャーシューや煮卵でバリア

一般的に知られている食物繊維と同様に

タンパク質や脂質は先に食べておくと

麺の血糖値の急上昇を抑えられるというデータがあります。

 

しかも、少量食べておくだけで効果が得られます。

野菜と合わせるとさらに効果があります。

量の目安は、麺の半分の量で、70g~80g程度で

大きめのチャーシューを2、3枚、

煮卵は、半分~1個くらいなら問題ないでしょう。

 

焼き豚や煮卵などのタンパク質は腹持ちが良く、

卵には、満腹ホルモンの分泌を促す効果があるので

ラーメン1杯の満足度を高めてくれます。

 

 

2.野菜はたっぷり、塩分カット

麺と同量の野菜やタンパク質を先に食べると

糖質をバリアしてくれる効果があります。

 

野菜で注目するべきところが「余分な塩分を体外に排出する」

というところです。

野菜全般に含まれている「カリウム」の働きです。

ラーメンによくトッピングされている野菜として

もやし、キャベツ、にんじん、ニラ、ネギ、白菜などが

挙げられます。

 

野菜の摂取量の目標は、生野菜のまま両手に1杯程度。

野菜だけだとかなり大変ですが、先ほどお話したように

チャーシュー2、3枚と煮卵半分から1個と合わせてもOKです。

 

麺を効率よく燃やしてくれるビタミンⅭもしっかり含まれています。

出来れば麺と同量の野菜を食べたいくらいですが

無理しない程度にしましょう。

 

 

3.ネギ、ニラ、ニンニク、ゴマは痩せる調味料!

ラーメンには欠かせないものと言えば、薬味ですよね。

カウンターにセルフサービスで置いてあるお店も多いです。

薬味は痩せるには素晴らしいものなのです。

 

薬味特有の「苦味辛味」成分は「硫化アリル」と呼ばれていて

焼き豚のビタミンB群と一緒になると

麺類の炭水化物を効率よく燃やす効果が持続します。

老化太りも予防できます。

 

ラーメンも、食べたら早く燃やしてしまいましょう!

 

 

4.女性は麺少なめにするか、シェアするのも手

外食の場合、一人前の量が160g~180gあり

糖質は約50g前後です。

1食の糖質は約30g~40gとされているので

1食分食べるとややオーバーしてしまいます。

 

女性は男性に比べて筋力が少なく、内臓やホルモンの違いから

基礎代謝に差があって当然なのです。

食べる量もそれに合わせるのが自然です。

 

初めから量を少なめにオーダーするのが良いでしょう。

お腹いっぱいだけど、残すのに抵抗がある人でも

少なめで頼めばもったいない食いもせずに済みます。

 

 

5.太らない時間は休日のブランチ

ラーメンを食べるタイミングとしておすすめなのが

休日のブランチです!

ラーメンは素早く熱量になるので

のんびりとした休日のスタートとなるお昼に食べるのが

最適でしょう✮

 

買い物などの外出で活動する前に食べれば

ラーメンのエネルギーを有効に消費できます。

 

 

好きなものを禁止するのはストレスになって

挫折して暴食してしまうリスクもあるので

ラーメンばかり食べてしまうという方は

週一のご褒美で食べるように意識してみましょう。

 

 

松山漢方相談薬局では

ダイエットカウンセリングも行っています。

健康的に痩せたい方、リバウンドでお悩みの方、

ダイエットしても思うように痩せられない方、など

お困りの方はまずはお気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

KANPORO松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ