鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年08月01日

夏バテ痩せには落とし穴が・・?! カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です!!

 

台風も過ぎ去り、また猛暑に突入しましたね。

夏バテになってしまう方もいると思います。

今回は、そんな「夏バテ」についてお話します。

 

ダイエットしている方。

夏バテで痩せるのはラッキーだと思っていませんか?

そんなことはありません((+_+))

 

夏バテで痩せてしまうのはとても危険なのです。

 

✮夏バテ痩せが危険な理由

夏バテで痩せてしまうと、栄養不足と運動不足の状態で

体重が落ちてしまうので体脂肪よりも筋肉が落ちてしまいます。

体重は減るので、ダイエットに成功したと思いがちですが

それは大間違いなのです。

 

筋肉が落ちることによって基礎代謝も落ちて

少し食べただけでも太りやすい体、

リバウンドしやすい体になってしまいます。

 

夏が終わる頃には体重は落ちても体脂肪が増え

筋肉のないぷよぷよな体になってしまう可能性があります。

 

 

夏バテ対策としていくつかあげていきます。

 

①スパイスやレモンで食欲増進

バランスの良い食事を摂ることは夏バテ対策にも

ダイエットにも有効ですが

どうしても暑くて食欲が出ない時もありますよね?

 

そんな時はスパイスの効いた料理やレモン、

酢で胃を刺激して食欲を増進させましょう。

食前にもずく酢を食べるのもおすすめです。

 

→食欲増進におすすめの食べ物

カレー、レモン、もずく酢、わさび、唐辛子、

梅干し、しょうが、にんにく、みょうが、青じそ

 

 

②内臓は冷やさないこと

冷たい飲み物の飲みすぎや体を冷やす食べ物の摂りすぎは

内臓を冷やしてしまいます。

内臓が冷えると血行が悪くなり代謝や体温調整を担う

自律神経の働きが低下して、夏バテの原因になってしまいます。

 

冷えた飲み物をどうしても飲みたいときは

一気に飲まずに少しずつ口に含んでから

飲み込むようにしましょう。

 

食べ物は、アイスや素麺などの冷たいものだけではなく

火を通した温かいものも食べるようにしましょう。

 

 

③お風呂でリラックス

冷房で乱れがちな自律神経を整えることも

夏バテには有効です。

湯船の温度は、38度から39度くらいの

ぬるめのお湯にゆっくり浸かることがオススメです。

 

お湯の温度は体温よりプラス2度が

一番リラックスできると言われています。

夏は、シャワーで済ませている方は

湯船にゆっくり浸かってみるのも良いでしょう。

 

 

④ビタミンB群を摂る

免疫機能をアップしたりする役割があるのが

「メラトニン」です。

メラトニンは、朝起きたから15時間後に分泌量が増えて

深夜にピークを迎えます。

 

メラトニンを充分に分泌するためには

ピーク時に眠っていることがベストです。

早寝早起きが夏バテ対策にもなるのです。

メラトニンの分泌を増やすには

「ビタミンB群」を摂るのも効果的です。

 

ビタミンB群が多く含まれる食材

魚だとマグロ、サケ、カツオ、サンマ、

納豆、レバー、玉ねぎ、海苔、しじみ、煮干しにも

多く含まれています。

 

意識的に摂ると夏バテ対策にもなるでしょう!

 

夏バテで痩せるのは、健康的な痩せ方ではないので

痩せてもまたすぐに戻ってしまいますし、

痩せにくい体質を自ら作ってしまいます。

 

痩せたい方も、健康的な体を維持したい方も

夏バテには気を付けるべきです。

 

 

松山漢方相談薬局では

ダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットしてもなかなか痩せられない方、

リバウンドでお悩みの方、健康的に痩せたい方、

松山漢方相談薬局では、無理な食事制限はありません。

まずは、ご相談からお気軽にお越しください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ