鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年07月26日

夏にやりがちなNG行動 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆☆

 

暑い日が続きますが、そんな時についやりがちな

行動を挙げていきます。

この行動をしている人は「夏太り」してしまう

可能性があるので当てはまる人は

日頃の行動を見直してみましょう!

 

 

1、湯船に浸からずシャワーのみ

夏は、暑いからと温かいお風呂に入るのではなく

冷たいシャワーを浴びたくなってしまう人もいると思います。

しかし、夏の身体は意外にも冷房などの影響で冷えているのです!

 

また、涼しい室内と暑い屋外との気温差で自律神経も

乱れがちです。

ストレスと冷えは太る原因の一つです。

夏でも湯船に浸かって、身体を温めながら

リラックスしましょう☆

 

 

2、冷たい飲み物や食べ物ばかり摂る

夏は冷えた炭酸飲料やアルコールが美味しい季節です。

暑いと食欲が減るため、アイスクリームやかき氷などを

冷たいものを食べたくなりますよね。

ですが、これらは当たり前のように身体を冷やします。

 

先ほど言ったように、冷えは肥満のもとです。

代謝が低下し、太りやすくなってしまいます。

キンキンに冷えた飲料は

できるだけ避けるようにしましょう。

どうしても!という時もあると思うので

ご褒美感覚としてとらえましょう。

 

また、「アイスが主食」という方は要注意です!!

栄養バランスが崩れてカロリー不足になった身体は

生きるために脂肪を蓄えようとします。

食べていないのに太るという人は

必要な栄養が足りていない可能性が高いです。

 

 

3、気温が下がってから食欲が増す

気温の高い日中は食欲があまり湧かず

夕方になって徐々にお腹が空き始めるという人も

いると思いますが、夜の食事は太りやすいです!

 

ダイエット法で「〇時以降は食べない」や

「朝→昼→夜とヘルシーにしていく」というものが

存在するように、夜に食べた食事は朝や昼に比べて

脂肪になりやすいです。

日が暮れてから食欲が増す人は

欲望のまま食べていたら太ってしまうので

このような人はなるべく日中も食事をするようにしましょう。

さっぱり食べられる物が良いでしょう!

 

 

4、夜ふかしをする

日照時間や夜の気候の過ごしやすさから

つい夜遅くまで遊んだりしてませんか?

学生さんは、夏休みだからと言って

昼夜逆転生活をしていませんか?

 

夜と朝では体重に差があり、朝の方が軽いように

寝ている間は重要なダイエットタイムなのです!

規則正しい生活を心がけないと

いつかは肥満体型になってしまうかもしれません。

 

睡眠もきちんととるようにしましょう!

 

 

当てはまる行動はありましたか?

夏は身体の冷えに気付きにくいですが

だからこそ意識して冷え対策をしていきましょう!

 

 

松山漢方相談薬局では

ダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットしているけど体重が減らない方

リバウンドでお悩みの方、

健康的に痩せたい方、など

お気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 


ページ上部へ