鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年07月14日

チョコレートは寂しさをつくる カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは!

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です(^▽^)/

 

今日は、間食で食べがちなチョコレートについて

お話していきたいと思います!

 

「疲れたからチョコレートを食べて元気になろう」とか

「集中したいから大事なことの前に食べておこう」など

つい口に入れてしまうことはありませんか?

 

このように、自分の気持ちを落ち着かせたいときや

元気になりたいときに食べがちです。

 

確かに、チョコレートに含まれているブドウ糖は

すぐにエネルギーにかわる栄養素なので

一気にテンションが上がります。

 

しかし、血糖値も一気に上がってしまうので

食べて時間が少し空いたら

再び血糖値はグンと下がってしまいます。

そうなってくると「なんだかやる気がでない・・」と

またチョコレートを欲しがってしまうのです。

 

チョコレートを食べてはいけないわけではありません。

「1粒、2粒で満足できる」というならば

上手く付き合えているので大丈夫です。

 

太ってしまう原因は「食べ過ぎること」なのです!

1粒食べて、2粒、3粒、、、と

抑制できなくなってしまう人は改善の必要ありで、

このようなタイプの人は最初の1粒の誘惑に

手を付けない方がラクになると思います。

 

1粒も食べない苦しみよりも

1粒食べて、そこから我慢する苦しみの方が辛いでしょう。

 

ただ「食べない」を選択したらシフトしていくことも大事で

「これは私を綺麗にするものなのか」と言い聞かせましょう☆

本当に綺麗に痩せやいと思っていたら

「食べないようにしよう!!」と抑えられるようになるはずです。

 

そこまでたどり着いたら、例えば野菜100%のジュースに

置き換えたり、コクのあるナッツ類などナチュラルなものにしたり。

 

本当は、おやつの時間にお腹が空かないように

効率よくブドウ糖を摂取でき、栄養素がバランスよく

含まれている玄米をしっかり噛んで食べたほうが

断然体には良いです!

もちろん、野菜も忘れずに食べましょう(⌒∇⌒)

 

また、チョコレートは「チョコレート依存症」

という言葉があるほど依存性が高い食べ物と

言われています。

名前の通り、食べないとパニックになったり

落ち着かなくなったりするほど

チョコレートのことばかり考えてしまうことを言います。

 

始めは気軽に1粒、2粒といった調子で食べていたものの

気付けば1回のおやつで1箱や2箱食べてしまったことは

ありませんか?

ここまできてしまうと食べ過ぎです。

 

過剰に食べてしまった糖分は消えてなくなることはなく

残念ながら「脂肪」になってしまいます。

 

チョコレートは、あまり噛まなくても

口に入れた瞬間ふわっと甘さが広がるお菓子ですが

これは綺麗に痩せるための大敵なのです!

 

正しい食べ物は噛んでこそ美味しさや甘さを感じるものです。

チョコレートのように瞬時に甘さを感じることは

自然なことではないのです。

 

上質な糖分を含む玄米もかためですが

じっくり時間をかけて噛んでいるうちにようやく

ほんのりとした甘さ伝わってくる食べ物です。

 

↑ココがポイントで「じっくり」や「ほんのり」という

甘さこそが本物の証です。

これは、自分を綺麗にする食べ物かどうかを判定する

基準にもなりますので

食事の際もよく噛んで確かめてみてください!

 

間食の食べ過ぎは良くないので

なるべく3食の食事をしっかり摂るように

心がけましょう!

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも

行っています。

ダイエットしてもなかなか痩せられない方、

リバウンドでお悩みの方、健康的に痩せたい方、など

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 


ページ上部へ