鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年07月13日

塩分の摂りすぎ対策 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは!

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆

 

 

ダイエット中にカロリーに気をつけているのに

なかなか痩せない!!

ということはありませんか?

 

気をつけるのは摂取カロリーだけではなく

塩分量も意識していかないと太りやすくなってしまいます。

日本人の塩分摂取量は男性は9g、女性は7.5g

基準値とされていますが、平均で11g~12g

摂取しているのです。

原因は、ソースや醤油にマヨネーズ、ドレッシングを

たくさん使っているからでしょう。

 

対策を紹介する前に、

塩分を摂りすぎて太りやすくなってしまう原因は

ご存知でしょうか?

 

簡単にまとめると

塩分の過剰摂取で太りやすくなる原因として多いのが

むくみです。

塩辛いものを食べると喉が渇くと思います。

これは細胞が水分を欲しがっているからなのです。

そのため塩分を摂りすぎると

たくさん水分を飲んでしまい、むくみに繋がるのです。

 

7gの塩分を薄めるのに必要な水分は

約1ℓと言われています。

それによって、いつも塩分の多い食事をしていると

常に水分を摂るようになってしまい

慢性的なむくみになってしまう可能性があります。

 

ご存知だとは思いますがむくみは

身体だけではなく顔や脚にも出てしまいます。

むくみが解消するだけでも体重は結構減らせますし

ボディラインもすっきりするので

塩分の摂りすぎには気をつけたいですね☆

 

 

薄味カバーをするためにできること★

 

①酸味を活用する

さわやかになり、風味が出ます。

酢、すだち、レモン、ゆずを使います。

 

②薬味やスパイスを活用する

刺激的な味わいになります。

ネギ、しょうが、シソ、みょうが、わさび、からし

が良いと思います。

 

③だしを活用する

天然の旨味を味わえます。

鰹節、煮干し、貝類、昆布、キノコ類を使います。

 

④香ばしさを利用する

コクが出ます。

ゴマやナッツを使うと良いですが

カロリーがあるので食べ過ぎには注意しましょう。

 

⑤つけて食べる

醤油やマヨネーズなどはかけて食べるよりも

つけて食べるようにしましょう。

食べながら調節できるので塩分量が少なくできます。

 

 

この5つを是非薄味カバーで試してみてください!

 

また、減塩醤油や減塩味噌も落とし穴で

「減塩」と聞くとそれに甘えてしまい

つい摂りすぎたりしてしまうこともあると思いますが

あくまで「減塩」で全く入っていないわけではないので

摂りすぎたら変わらないので意識しましょう。

 

後は、味の濃いものはどうしても

ご飯が進んでしまうので糖質の摂りすぎにも

繋がってしまいます。

負のスパイラルになってしまうので

まずは薄味カバーから実践してみましょう(^▽^)/

 

薄味に慣れてくると

しばらくして今まで食べていたものを食べると

濃く感じると思いますよ。

 

食事改善は、カロリーが全てではありません。

血糖値だったり、栄養バランスだったり

人それぞれ改善していく内容も変わってきますが

「塩分」も痩せられない原因の一つです!

心当たりのある方は一度見直してみましょう。

 

 

松山漢方相談薬局では

ダイエットカウンセリングも行っています。

色々なダイエットを試してみたけど痩せられない方、

リバウンドでお悩みの方、健康的に痩せたい方、など

お気軽にご相談ください☆彡

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ