鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年06月25日

太らない体づくりの基本 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは★

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です!(^^)!

 

 

皆さんは、食事をする時に何から食べ始めますか?

 

もし、糖質の多いお米や、砂糖が多く含まれている

おかずからだとしたら、今すぐに改善しましょう。

 

太らない体づくりには、食べる順番も

とても大事なのです。

 

これは基本なのですが、食事の際は

野菜から食べるようにしましょう!

野菜は最初に完食するのがベストですが

半分食べられていればOKです。

 

野菜を食べたら次は汁物に手をつけましょう。

具を食べながらふたすすりほどしたら

魚や肉(タンパク質)を食べましょう。

 

そこまで手をつけたらお米を食べましょう。

 

 

これは、野菜の食物繊維を利用した

血糖値を急上昇させにくくする食べ方です。

 

いきなりお米からかきこんだりすると

血糖値が急激に上昇してしまい

その結果脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

(肥満を招くインスリンというホルモンが

大量に分泌してしまう)

 

野菜から食べて最後はお米にしましょう。

ただし、全てを完食してから次に手をつける必要はありません。

 

肝心なのは、最初の一通りです。

最初に順番に食べれば、あとは好きに食べて大丈夫です!

 

もし副菜の一つが生野菜ならできるだけ最初に

量を食べると良いでしょう。

噛む回数が多くなって食事に時間をかけることができ

ほどよい満腹感を覚えます。

 

 

もう一度まとめると

 

①食物繊維、野菜系

②汁物

③魚や肉(タンパク質)

④ご飯(パン、麺)

 

の順になります。

 

糖質や砂糖たっぷりのおかずなどは

最初は後回しにすることで

太りにくい体に変身します!!!

 

 

血糖値は、食事をすれば誰でも上がりますが

食べ方ひとつ変えるだけで緩やかになります。

 

そもそも、血糖値が急激に下がるのは

空腹を感じた時です。

そこからつい甘いものなどを間食してしまったりしませんか?

 

血糖値は急上昇しなければ急降下することもありません。

食事の際に急上昇しないように食べる順番を意識すれば

空腹時に甘いものを食べたくなったりすることも

なくなります。

間食の誘惑も断ち切りやすくなります✮

 

 

急に上がってしまう人と緩やかな人の

それぞれの食べ方の特徴を比べると・・

 

血糖値が急激に上がってしまう食べ方

→糖質たっぷり

→ご飯から食べる

→早食い

 

血糖値を急上昇させない食べ方

糖質控えめ

→野菜から食べる

→ゆっくり食べる

 

となります。

前者に当てはまる人は食事の仕方を

見直す必要があります。

 

まずはインスリンの分泌をできるだけ少なくして

脂肪を溜めにくくしましょう!

 

始めの食べる順番を変えるだけなので

とても簡単にできることです。

心当たりのある方は今日から早速改善してみましょう(⌒∇⌒)

 

 

松山漢方相談薬局では

ダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットを頑張ってはいるけど思うように体重が落ちない方、

一度は成功したけどまた戻ってしまってお困りの方、

最後のダイエットにしたい!という方など

お気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ