鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年06月11日

二つの食欲 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは★

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です!

 

 

ダイエットするにあたって一番の敵は、「自分の食欲」ですよね。

今日は自分の食欲と向き合ってみましょう。

 

食欲には2種類あります。

 

・本物の食欲

体が本当に食べ物を欲しているときの食欲のこと。

お腹が「ぐ~~」っとなったらそれは本物の食欲だと思ってください。

 

・偽物の食欲

外部から影響を受けてお腹が減ったと感じる食欲のこと。

例えばテレビで例えばテレビで食べ物の映像を観たり、

美味しそうな香りを嗅いだ時にわいてくる食欲のことを指します。

 

また「さっき食べたのになぜかまた食べたくなってしまう!」

食べたばかりなのにまた食べたくなってしまうのも偽の食欲です。

ストレスが溜まってしまったり、不規則な生活が続いていたりすると

こう感じてしまったりもします。

 

 

この偽物の食欲がとても厄介です!!

しかし本物か偽物か見極められるようになると余分な摂取カロリーを

抑えることができます。

 

ただなんとなくお腹が空いて、気付いたら食べている。

という方は自分の食欲を見つめ直す必要があるかもしれません。

 

 

見極める方法はたった一つです。

空腹時間を作るだけなのです!

 

本当に体が食べ物を欲しているときに食べるのが重要なポイントです。

 

1日3食食べたほうが痩せると言われていますが

バランスをコントロールして食べている人はごく少数です。

3食食べているのに痩せられないのはバランスよく食べてなく、

脂質、塩分、糖質のどれかの過剰摂取が原因だったりします。

 

 

朝食を摂って昼食までの間が3、4時間だと体の中の食べ物は

まだ残っている状態です。

お腹は空いてないけど、ランチの時間だからと無理やり食べずに

空腹時間を作るのも無駄な間食をなくす方法のひとつです!

 

 

夕食は、よくモデルさんが20時以降は食べないようにしているなど

食べる時間に気を使っていたりしますよね。

これには理由があって、次の日の朝食までの空腹時間を意識しているからなのです!

 

夕食から朝食までの空腹時間は10時間がベストとされています。

10時間空けて食事すれば体のリズムが整うと言われています。

 

 

!注意点!

「じゃあ朝食を抜けばさらに空腹時間が長くなる!」

という考えはNGです。

朝食を抜くと体内リセットができずに頭が働かないのです。

 

朝食を食べないと統計的に太りやすい傾向にあると言われています。

流れを説明すると・・

 

朝食を抜く

体が餓死状態になる

余分なエネルギーを溜め込もうとする

それが脂肪として蓄積する

 

 

この生活を続けてしまうと脂肪を溜めやすい体になってしまうのです。。

なので朝はしっかり食べてくださいね(⌒∇⌒)

 

 

最初の何日かは辛いと思いますが一週間もすれば慣れてくると思います。

完璧に本物の食欲と偽物の食欲を見分けられるようになった頃には

あなたの食生活はいい方向に変わっているのではないでしょうか・・!!

 

 

それでも自分でなかなかコントロールできない方は

松山漢方相談薬局までお気軽にご相談ください。

ダイエットカウンセリングを行っていますので

あなたのダイエット、お手伝いします!

 

ご予約はお電話で受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを意識してみるときに注意して欲しいことがあります。

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ