鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年01月18日

水煮食材の危険性 カテゴリー:

皆さまこんにちは!(^^)!

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

現在育休中ですが健康情報を載せていきたいと思います。

前回が野菜の栄養素が低下しているというブログを載せました。

 

今回は外国産の野菜も注意が必要という内容にいたします。

 

外国産の野菜は単価を抑えるために飛行機ではなく船での輸送になります。

すると日本にくるまでに日数がかかってしまうため、たくさんの農薬を使用するのです。

最近輸入野菜の中でも特に、中国産が残留農薬で税関の検査を通らず問題になっていると言います。

中国では少なくとも年間2万人の人が農薬の中毒で病院に運び込まれており、買ってきた野菜を一晩中水につけて農薬を流すのが日常のようです。

そしてそんな野菜を使われているのが、水煮食品です。

たけのこやレンコンなど水に入った袋がかなり保存がきくようにできています。ビタミンミネラルは抜け形だけが残っているようなものです。

リン酸塩という添加物を入れると長期保存が可能になります。

リン酸塩とは体内に吸収されるはずの栄養を体外へと排出してしまうとっても怖い物なのです。

このような食材は普通にレストランやお弁当・居酒屋・レトルト食品などで使われているのです。

いかに現代の食事で、ビタミンミネラルが不足しているかがわかります。

だからこそバイオリンク(クロレラ)が食卓に必要だと感じています。

バイオリンクは無添加・無農薬なので子供も安全に服用できます。

気になる方はお話を聞きに一度来局ください。


ページ上部へ