鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2017年10月10日

ダイエットに必要な知識 カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

現在育児中のため、お休みをいただいております。

お休み中にBLOGで健康情報のせております。

 

今日の健康情報は

ダイエットをしても痩せない理由についてです。

私もダイエット経験者です。

様々なダイエットを行ってきたからこそ今このようにBLOGで発信できます。

 

このようなダイエット経験はありますか?

炭水化物ぬきダイエット

リンゴダイエットなど1つの食べ物に特化したダイエット

食事抜きダイエット

野菜のみダイエット

19時以降は食べない

過度な運動ダイエット

 

などなど。ギクリッとした人も多いでしょう。

これらは私が一生懸命行ってきたダイエット方法です。

しかしはじめの3㎏は減量できても、その後は一向に痩せなかったのです。

 

ここ大切です‼

ダイエットには正しい知識が必要なのです。

正しい知識がないと一向に痩せることはできません。

痩せるどころが努力が実らず、ストレスが溜まる一方です。

 

まずは正しい知識をつけましょう。

①食事はバランスよく食べる

1つの食材に偏るのではなく、おかず・ごはん・味噌汁・野菜とバランスの良い食事を心がけましょう。

油の多いファーストフードに行って、痩せたいと思っていませんか?

もう一度食事を見返してみましょう。

まずできることは、手作りを心がけ、豆・ごま・海藻・野菜・きのこ類を摂るよう心がけましょう。

 

②無駄に運動は避けましょう

運動の消費より基礎代謝による消費が大きくなります。

ストレスを抱えて運動するならば、運動しない方が良いです。

疲れすぎて痩せるどころか、暴飲暴食をしている人もたくさんいます。

 

③間食をやめるよう心掛ける

コンビニ食・お菓子・ファーストフード・外食ばかりの人は。ビタミン・ミネラルなどの栄養素が不足しています。

脳への栄養が足りていないと、間食したくなり、常に血糖値が上がった状態となってしまいます。

間食が止められない人は3食の食事の内容を見直してみてください。

 

 

正しいダイエットの知識3つをご紹介しました。

まずはできることを行っていきましょう。

効率よく健康的にダイエットを行いたい方は

松山漢方相談薬局へお越しください。

たくさんの方がダイエットを成功させています。

気になる方はお電話にてご予約ください。

 

様々なご相談で多くの方が来局しております。

不妊症・生理痛・生理不順・無月経・子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・チョコレート嚢腫・PMS)・黄体機能不全・男性不妊・流産防止・産後の体調不良、貧血、冷え症、低血圧、低体温、頭痛、肩こり、めまい、メニエール、むくみ、乳腺炎、乳腺症、更年期障害、ホットフラッシュ・うつ病、不眠症、不安神経症、パニック障害、過呼吸症候群、強迫神経症、自律神経失調症、多汗症・老人性乾皮症、アトピー性皮膚炎、ニキビ、脂漏性皮膚炎、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰、ひざ痛、変形性膝関節症、五十肩、いぼ痔、きれ痔、痔ろう、脱肛、がん、腫瘍、気管支炎、ぜんそく、小児ぜんそく、起立性調節障害、チック症、夜尿症、眼精疲労、帯状疱疹、カンジタ膣炎、胃痛、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、内臓下垂、口内炎、口唇ヘルペス、ドライアイ、口腔乾燥症、高血圧、耳鳴り、突発性難聴、高中性脂肪、高コレステロール、痛風、糖尿病、前立腺炎、膀胱炎、尿道炎、頻尿、尿もれ、過活動膀胱、尿管結石、腎臓結石、耳下腺炎、下痢、便秘、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、副鼻腔炎、扁桃炎、インフルエンザ、ノロウイルス・ロタウイルス・感染性胃腸炎など。

 

 

 


ページ上部へ