鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年11月28日

フィトケミカルって何? カテゴリー:

皆さまこんにちは(*’▽’)

今日のBLOGは「フィトケミカル」についてです。

有名な五大栄養素

糖質、②たんぱく質、③脂質、④ビタミン、⑤ミネラル(無機質)

最近では「第6の栄養素」として食物繊維、そして「第7の栄養素」にこのファイトケミカルが含まれでいます。


フィトケミカルとは、植物性化学物質のことです。

動くことのできない植物は、太陽の紫外線による酸化を防ぐため、色や香り苦味をもった植物栄養素を作り出してきました。

緑黄色野菜や淡色野菜・果物・豆・イモ・海藻・お茶などから発見されています。

現在までに発見されているフィトケミカルは約1000種類あります。

フィトケミカルには強い抗酸化力・抗菌作用があり、免疫機能を整えたり、アンチエイジング・がんなど多くの病気の予防に役立つ、細胞の栄養素になると考えます。

意識することは

赤・橙、黄、緑、紫、黒、白の7色の食材を選ぶことで、バランスのとれた食事に近づきます。

赤・・・トマト、パプリカ、唐辛子など

橙・・・にんじん、かぼちゃなど

黄色・・・キウイ、トウモロコシ、ブロッコリーなど

緑・・・ほうれん草、ピーマン、おくらなど

紫・・・ブルーベリー、黒豆、なす、ぶどうなど

黒・・・ごぼう、じゃがいも、コーヒーなど

白・・・ねぎ、にんにく、まめ

 

などになります。

外食が多いと、お肉や油などが多くなりがちになります。

自炊を目指すことでこれらの食材をバランスよくとることが出来ます。

カット野菜などいつとれたかわからない野菜を選ぶのではなく、新鮮な野菜を選びましょう。

日々の心がけが自身・家族の体を作ります。

今日は食養生について載せましたが、現在症状が出ている場合は漢方薬をお勧めいたします。

松山漢方相談薬局では漢方薬だけでなく必要な栄養素や食事指導なども行っています。

気になる症状がある方は御相談ください。

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不安・月経不順・ダイエット・不眠・不妊・消化器症状・耳鳴り・吐き気・アレルギー症状などでお困りな方はお電話にてご予約ください。

 

 


ページ上部へ