鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年10月31日

疳の虫は漢方で カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

現在、育児奮闘中でありお休みをいただいております。

 

今日は「疳の虫」についてのBLOGです。

別名=小児神経症とも呼ばれます。

 

症状は

急に不機嫌になる

夜泣き

不眠

急に奇声を発する

理由もなく大声で泣く

など

特徴としては

顔色が青白い

眉間に青い血筋がある

鼻の下が赤い

爪嚙みがみられる

イライラしやすい

物音に敏感

眠りが浅い

すぐに暴れる

食が細い

などがあります。

 

漢方での考えは、甘いものを食べることで消化器の不調や

神経が高ぶってイライラするなど

五つの臓器(心臓、肺臓、肝臓、腎臓、脾臓)のバランスが乱れるために起こる神経過敏や虚弱の体質を意味しています。

さらにイライラはカルシウム不足が考えられます。


砂糖の入ったジュースやお菓子・ホットケーキ・ドーナッツ・インスタント食品などを摂取することでカルシウムを吸収せず追い出してしまうことが考えられます。

また急にそれらの食品を摂ることで血糖値が急上昇します。その後血糖値が急降下し低血糖になりイライラした状態になりやすいのです。

 

疳の虫と判断する前に体調のチェックはしっかり行いましょう。

痛いところがあるのか、ガスや便が溜まっていないか、体温や気温・下痢・嘔吐などしっかり確かめましょう。

 

漢方薬は赤ちゃんから飲ませることのできるものもあります。

漢方薬は体質や症状に合わないと効果が発揮されませんので、松山漢方相談薬局にご相談ください。

お母さんがイライラする場合もしっかりケアしていきましょう。

産後、精神状態の悪化する方は多くいますので、自身で悩まずにご相談ください。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・耳鳴り・不安・疲れ・アレルギー・喘息・不眠症・不妊症・月経不順などでお困りな方もお待ちしております。


ページ上部へ