鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年10月03日

産後うつとは カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

御相談の多い産後のトラブルについてです。

 

出産前から漢方で体調を整えている方や産後から漢方を飲み始めた方様々いると思います。

私は妊娠前から漢方を飲んで体調を整えていました。

自分で体験しているからこそ分かります!

赤ちゃんが生まれ安心したと思うとすぐに授乳や家事などが始まります。

生まれたらすぐに以前の体に戻るとおもっていた私は甘かったです。

 

会陰切開部の痛み

恥骨の痛み

筋肉痛

母乳の吸啜の痛み

貧血

などからふらふらでした。

 

すぐに薬局から漢方薬をいただき体力を戻していきました。

本当に助かりました。

 

漢方は授乳中に安心して飲めるものもあります。

妊娠前・妊娠・産後に漢方はとても強いです!

 

産後は体力の低下のほかにホルモンバランスが大きく動きます。

精神的に不安定になる方は多くいます。

人と話せなくなる

眠れなくなったり夜中に目が覚める

ちょっとしたことでイライラする

物事の判断がつかなくなる

ちょっとしたことで不安を感じる

集中できない

家族に対して無関心になる

 

など


この中で一つでも症状を感じる方は早めに対応すると良いでしょう!

産後早いケアがとても重要になってきます。

育児で大忙しとは思いますが自身のケアも忘れずに。

漢方薬や自然薬のおかげで産後2か月の私は元気もりもりです。

 

気になる方は松山漢方相談薬局にお電話にてご予約ください。

親身になって松山先生が見てくださいます。

 

 

その他にお困りな症状のある方は多くいらしています。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

アレルギー・喘息・ダイエットなど。

 

 


ページ上部へ