鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年09月01日

漢方での秋の症状 カテゴリー:

こんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

現在育児中であり、お休みをいただいておりますが、

BLOGを載せていきたいと思います☆

今日から9月になり秋に近づいていますね。

洋服も秋服が出てきました(#^^#)

秋色はとっても好きなので秋の服はワクワクします☆

 

そんな秋に気を付けることをまとめます!

 

秋になると大気中の湿気が少なくなりカラッとしてきます。

その影響が呼吸器に影響してきます。

喉や鼻・皮膚

さらに漢方の考えで肺と大腸は密接な関係があるため、

大腸にも注意が必要です。

さらに肺は体液の代謝や体温調節機能・免疫機能などの一部も担っています。

症状

のどの痛み

空咳や痰が絡む

肌がカサカサして荒れやすい

上半身がほてる

吐き気がある

歯ぐきのはれや痛み、又は出血しやすい

など

 

松山漢方相談薬局では体調に合わせて漢方薬をお譲りしております。

気になる症状がありましたらご相談ください。

 

完全予約制となっておりますのでお電話ください。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

疲れ・不安・アレルギー・喘息・ダイエットなど。

 


ページ上部へ