完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

座り方次第で骨盤が歪んでしまう

2016.08.27

こんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

骨盤が歪んでしまうことでどのようなデメリットがあるのでしょうか?

代謝の低下

筋肉の低下

肩こり

腰痛

便秘

ポッコリお腹

などの症状の原因になりやすくなってしまいます。


上記のような症状に悩まされる前に日常生活の中で骨盤の歪みの原因となっている座り方を確認してみましょう。

 

①女の子座り(アヒル座り・ぺたん座り・トンビ座り)

 

②横坐り

 

③あぐら

 

 

左右対称でない座り方は重心がどちらかに偏ってしまっていることや、股関節を外に開いてしまうと骨盤が歪んでしまうことが骨盤の歪みの原因になります。

 

一番骨盤に歪みを出さない座り方としては長座がオススメです。


この時に猫背や骨盤が立っている時と同じ状況になるように意識するようにして座れば骨盤が歪みにくくなると思います。

 


松山漢方相談薬局ではダイエット、胃腸虚弱、不眠症、不妊症、月経不順、生理痛、皮膚炎、ニキビ、アトピー、アレルギー、喘息、鼻炎、蓄膿症、ストレス、疲れ、更年期障害、自律神経失調症、うつ病、拒食症、耳鳴り、リウマチ、関節痛、認知症、がん予防、肝炎、膵炎、生活習慣病、貧血、高血圧などお悩みの症状がありましたらお電話でご予約ください。


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (120)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (271)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)