鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年07月26日

冷房病は漢方薬局へ カテゴリー:

看護師・ダイエットカウンセラー・登録販売員の神菜です☆

現在産休中ですが今後も薬局で皆様のお助けになれるように頑張ります。

今しばらくお待ちください(#^^#)

そろそろ梅雨が明けそうですね☆

これからの季節、冷房には要注意です!!

 

薬局に来ている事務関係の仕事を行っている女性の方がとっても困っているようです。

男性と一緒に働いていると温度調整が難しいですね。

その他にも公共の場がとっても寒い場所は多いと思います。

バスや電車・カフェやレストランなども結構冷えます。

 

帰りには足が棒のように重だるく浮腫みが強い人もいるでしょう。

 

これらには体温調節機能がかかわってきます。

人間には本来、体温を一定に保つ機能が備わっています。

寒い時には体を温め、暑いときには汗をかくことで体の温度を下げています。

そういった調節は、交感神経と副交感神経からなる自律神経が行っています。

冷房病は、自律神経のバランスがくずれたことから起きるとも言われます。

外は暑く、中は寒い環境は自律神経が乱れます。

中と外の気温差を埋め体調管理は気を付けていきましょう。

寒いときは長袖やストールなどを使用していきましょう。

 

体調を崩された方は松山漢方相談薬局にご相談ください。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

耳鳴り・喘息・アレルギー・ダイエットなどでお困りな方もお電話にてご予約ください。

 


ページ上部へ