鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年07月19日

漢方で言う「水」って何? カテゴリー:

こんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です♪

産休中ではありますが健康情報を載せていきたいと思います。

 

3日連続で漢方で言う「気」「血」「水」について載せています★

 

漢方で言う「血」ってなに?

今日は「水」についてです。

「水」とは、汗や涙・尿・胃液など、体内の水分の事を言います。

胃腸から取り込まれた飲食物の水分が肺にまでのぼって、全身に巡ります。

内臓を元気にし、皮膚や目・舌・口・鼻・耳など全身を潤します。

また体温調節や関節の働きを滑らかにします。

最終的に尿や汗となって老廃物をとして対外に排出されます。

 

「水」が滞る「水滞」といい、体の浮腫みや尿量が少ない・頭痛・頭重感・気圧などによるめまい・みみなりなどがあります。

 

「水」が不足する状態を「陰虚」といい、各臓器が渇いてのどや肌、関節などが乾燥します。便が硬くなったり・不眠やのぼせ・冷え性や貧血にも繋がってきます。

 

「水」が溜まった状態を「痰飲」といい、胃腸の機能の低下・水分代謝の滞り・体内に余分な水分が溜ります。むくみやニキビなどの症状があります。

 

水の巡りは体のバランスをとるのにとっても大切になっています!

気になる症状がある人は松山漢方相談薬局にお越しください。

お電話にてご予約ください。

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順・耳鳴り・不安・疲れ・アレルギー・喘息・ダイエットなどでお困りな方が多く来られています。

 


ページ上部へ