鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年07月12日

目のクマの原因と改善方法 カテゴリー:

こんにちは⊂((・x・))⊃

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

私もすごく気になる目の下のクマについてです。

目の下のクマは1種類だけでなく、3種類あるのでそれぞれ詳しく説明していきたいと思います。

 

青クマ

青クマは血行不良によるクマが原因と言われています。

目の下の皮膚はとても薄く、多くの毛細血管があります。なので静脈などの血液が滞ってしまうと目の下の薄い皮膚から透けてしまい、青く見えてしまうのが青クマです。

見分け方として目尻を軽く横に引っ張るとクマの色が薄くなり、ファンデーションを塗っても薄くなります。

 

血行不良になる原因として睡眠不足、疲労、ストレス、目の疲れ、コリなどから出る血行不良、目の周りの筋肉低下、ドライアイ、喫煙などがあります。

 

改善方法としては血行を良くすることです。半身浴や温かい飲み物を飲んで血行を良くしたり、目のまわりを指圧マッサージをすることが大切になってきます。

指圧と言っても強くやるのではなく優しくマッサージすることがポイントになります。強く刺激してしまうと色素沈着を引き起こしてしまうかもしれません。

 

茶クマ

茶クマは色素沈着などによるクマになるので、シミやくすみを無くす改善策と同様にメラニン色素を外に出さなければなりません。

見分け方として目尻を横に引っ張ってもクマの色は変わらず、ファンデーションを塗ると薄くなります。

 

改善方法として美肌に良い化粧品などを使い時間をかけて改善していくしかありません。

なので肌の手入れがとても大事になってくるので、美肌のために毎日頑張って手入れを行ってください。

 

③黒クマ

黒クマは目元の肌のたるみ、むくみ、皮膚の凹みなどで出来る影で黒く見えることが原因になります。

見分け方としては目尻を引っ張ったらクマの色が薄くなり、ファンデーションを塗っても色は変わりません。

 

改善方法としては目元のたるみを無くすためにハリを取り戻すことが大事になってきます。

コラーゲンを摂ったり化粧品に気をつけてみてください。

 

自分のクマの種類を確認してそれぞれにあった改善方法も試してみてください。


血行不良は漢方で治せるので気になった方は松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

他にもダイエット、貧血、冷え性、低体温、高血圧、ニキビ、アトピー、アレルギー、喘息、疲れやすい、ストレス、不眠症、不妊症、月経不順、生理痛、関節痛、コリの悩み、うつ病、食欲不振などお困りの方お電話でご予約ください。


ページ上部へ