鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年07月06日

安全または危険な食品について~インスタントラーメン編 カテゴリー:

今日のテーマは「安全または危険な食品について」です。

日本で生活をしていて気になることはたくさんあります。

賞味期限の実態

原材料表示の決まり

中国産食品への不安

輸入果実の残留農薬

トクホ認定の裏側

トランス脂肪酸の使用

 

危険と知らずに食べているものや習慣になっているものはたくさんあります。

スーパーに行くとたくさんの上記の内容が直面します。

すべて気にして生活するのは難しいと思います。

ですので頭の片隅に安全な食の選び方を入れ、少しでも軽減できるようになれば良いと思います。

今回のBLOGでは

[インスタントラーメンの危険性]

昔に比べ、添加物の数は1500品目とかなり増えている。(1958年50品目程度)

安全性が認められているが、たくさんの添加物を日々取っていれば体に毒です。

麺の着色と劣化防止の効果を狙い、ビタミンB1・B2が添加されているが、

昔は栄養強化という理由でつけられていたようです。

日本人はそもそもビタミンは不足しておらず、

カルシウムや亜鉛が不足しがちといわれています!!

 

乾麺は油で揚げているものが多いため、

過酸化脂質が増えていきます。

有害物質であり体を老化へと追い込みます。

直近な症状としては胃痛や下痢が起こる人もいます。

 

インスタントラーメン内の調味料には10種類以上の添加物が使用されている。

たまに食べることは良いと思いますが、簡単だからといって日々食べることはやめましょう。

 

乾麺の選び方

動物性不使用、遺伝子組み換え原料不使用、ノンフライ麺使用、国内産小麦100%、無かんすい

など特に自然食品店などで選ぶようにしましょう(#^^#)

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

健康的に痩せたい人

自身でダイエットが行えない人

リバウンドを繰り返している人

気になる方はお電話にてご予約ください。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・耳鳴り・疲れ・不安・

月経不順・不妊治療・喘息・アレルギーなどでお困りな方もお電話にてご予約ください。

 


ページ上部へ