鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年06月28日

朝シャワーは入るor入らない? カテゴリー:

こんにちは( ̄Д ̄)ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

皆さんは朝シャワー浴びますか?

朝は忙しくて入れない‼︎と言う方や、朝シャワーを浴びないと1日が始まらない‼︎など人それぞれ意見は違うと思います。

そこで今日は朝シャワーを浴びることのメリット・デメリットについてです。

 

メリット

①朝シャワーを浴びることにより交感神経が刺激されるため「目が覚めてスッキリ」と感じるのです。

他にもストレスを感じて便秘になったり、寝つきが悪くなってしまうなど自律神経が乱れている場合シャワーを浴びることで自律神経の乱れを回復してくれる効果があると言われています。

 

②血行が良くなることや、体温が上がることにより免疫力を高めることが出来る。

 

③朝一から交感神経を刺激することや、代謝が上がることでカロリーの消費が長時間続くことになるのでダイエット効果があると言われています。

 

デメリット

①朝時間がないため洗い残し、すすぎ残しの可能性が高くなってしまう。

そうなると汚れが完璧に落ちていなかったり、すすぎ残しが原因で頭皮にダメージがかかってしまいます。

 

②夜帰宅して入浴をして髪の毛を洗い、翌日の朝再び髪を洗っていると皮脂膜が薄くなってしまいます。

皮脂膜は長時間かけて作られるものになるので、髪の毛を洗うまでの時間が短いと皮脂膜がまだ作られていないため、紫外線が頭皮に直接当たってしまいます。そのことが原因で抜け毛や薄毛になってしまうことがあります。

 

③寝起きに暖かい場所からすぐに寒いバスルームに移動する時に、急激な温度変化してしまうことにより血圧が大きく変動してしまいます。

それにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞を起こしてしてしまう可能性があることを「ヒートショック」と言います。このヒートショックは夏場よりも冬場の方が温度差が激しいので注意してください。

 

それぞれのメリットやデメリットがありますが、自分に合った時間の入浴方法を試してみてください。

 


松山漢方相談薬局では目眩、動悸、肩こり、喘息、胃もたれ、食欲不振、吐き気、胃腸炎、更年期障害、湿疹、皮膚炎、消化不良、不安神経症、手足の冷えなどの症状でお困りの方お電話でご予約ください。

 

症状だけでなくダイエットカウンセリングも行っております。

夏本番に向けてダイエットを頑張りたい方はお電話でご予約ください。


ページ上部へ