鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年05月06日

砂糖依存症の恐ろしさ! カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

夏が近づいてきていますね★

薄着になり体系が目立ち始めます!

ダイエットを始めるなら今!ですね。

甘いものがやめられないという方

女性に多いですよね。

「砂糖依存症」になってはいませんか?

 

食事や甘いものを摂取すると、血糖値が上がります。

特に空腹時の砂糖は血糖値が急上昇します。

急上昇するとインスリンが働き、血糖値は急降下します。

急降下すると低血糖状態に陥ります。

 

脳がエネルギー不足で「空腹だ」と勘違いし、「甘いもの(糖分)を摂取して血糖値を上げろ」と信号を出してしまうのです。


このため、砂糖を摂取した後、空腹でないにも関わらず繰り返し砂糖を欲するようになります。

 

負の連鎖が始まります。

他にも砂糖の恐ろしさがあります。

砂糖を摂取すると脳の中でドーパミンやセロトニン・ノルアドレナリンなどの脳内神経物質が分泌されます。

これらは、人に幸福感や癒やしを与える麻薬のような性質を持っています。

仕事が忙しく身体が疲れたときやストレスを感じるたびに甘いものを食べて幸福感や癒しを得るようになります。

そこから甘いものを食べると幸せになれると無意識に脳が感じるようになっていくのです。

 

砂糖依存症を断つには食事をしっかり食べ必要な栄養素を入れてあげましょう。

さらにストレスをためない生活や人に甘える環境を作っていきましょう。

砂糖依存症は体をボロボロにしていきます!

 

骨粗しょう症・冷え症・うつ病など老化をも進めてしまいます。

怖い怖い存在です。

みなさん気を付けていきましょう!

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

自身でダイエットが続かない人

健康的なダイエットが行いたい人

リバウンドを繰り返してしまう人

などダイエットのご予約お待ちしております。

 

その他に自律神経失調症・更年期障害・めまい・耳鳴り・不眠症・月経不順・

疲れ・動悸・息切れなどでお困りな方はお電話でご予約お待ちしております。

 


ページ上部へ