鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2013年10月13日

ダイエットのお悩み(食後のデザートがやめられないケース) カテゴリー:

『食後のデザートがやめられないケース』

スイーツで締めないと食事が終わった気がしない、食べないと気が済まない、デザートは別腹など、食事をスイーツで締めくくるなど、毎日の習慣になっている方は少なくありません。実は砂糖の分子構造は、アルコールとよく似ています。お酒がクセになりやすいように、砂糖をたっぷり使ったデザートも、『これがなくっちゃ、終わらない!』という依存状態になる人がでてくるのも、おおいにうなずける話です。

ダイエットのカウンセリングをしていて、特に女性の方に甘いものは止めて下さいなどと言っても不可能なことです。まず食事をバランスよく食べてもらうことを提案し、デザートの食べ方にルールを守って頂いています。量を調節したり、食べ方を工夫すれば、ダイエット中でもデザートを止めずに成功している方は多いのです。食べ物が入る胃袋は一つ、脂肪がつく身体も一つ。自分を大事にしながら、食をコントロールしていきましょう。

 

『食後のデザートがやめられないケースの解決方法』

①極端な糖質制限ダイエットはやめる

炭水化物を極端に減らすと、デザートなどの糖分を欲することがあります。1日3回糖質の適正量も含め、バランスよく食べましょう。

②半分食べをする

大好きなものを断つことは、おそらく無理でしょう。では半分だけ食べるというのはいかがでしょう。最初の一口目は美味しくても、あとは惰性で食べていることはありませんか?半分にしても満足できるはずです。

③毎食から週1のご褒美デザートへ

毎食のデザートも、惰性で食べていることが多いもの。1日1回から、少しずつ『週1回今日だけ特別』に変えていけるとよいですね。頑張った自分へのご褒美デザートなら、なおさら美味しくいただけます。1人だと食べ過ぎてしまう場合も、仲間と一緒ならブレーキが掛けやすいのでオススメです。

④ゆったりと、香り高いノンカロリーの飲み物を飲む

コーヒーやハーブティーなど『このお茶を飲めばデザートがなくても満足できる』という、自分好みの香り高い飲み物を見つけましょう。『お茶で満足できるはずない!』と思う方もいるかもしれませんが、アロマ効果の高いお茶は、気持ちが落ち着いて心が満たされ、それによって食欲が抑えられます。

 

ダイエットは辛い、難しいとマイナスなイメージですが、それでは長く続きません。ダイエットは楽しくて、簡単なものなのです。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 


ページ上部へ