鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2015年09月25日

GI値とは? カテゴリー:

こんにちは(*^_^*)

今日も神菜(かな)が健康情報をお伝えしていきます。

 

皆さんこの言葉ご存じですか?

GI値(グリセミック・インデックス)

食品ごとの血糖値の上がり方の違い数値化したもの。

GI値はブドウ糖を100としていて

高GIは70以上

中GIは50~69

低GIは55以下

 

と言われています。

 

高GI値

ジャガイモ・白米・パン・コンフレーク・シリアル・カップラーメン・うどん・パンケーキ・菓子パン・あめなど

 

中GI値

全粒粉・さつまいも・スクロースなど

 

低GI値

果物・野菜・豆類・ナッツなど

 

GI値の食べ物を摂ることで

心筋梗塞や糖尿病・脳梗塞などのリスクが上がると言われています。

脳内ホルモンのバランスが崩れうつ病や自律神経失調症などのリスクも高まります。

 

太らないためには

 

GI値の低いものから食べるようにしましょう。

そして低いからといって食べすぎていては意味がありません。

腹8分目まで食べるようにしましょう。

 

松山漢方相談薬局では健康的なダイエットに取り組まれている方が多くいます。

今までダイエットがうまくいかない方

リバウンドしてしまう方

ダイエットが続かない方

 

一緒に健康的なダイエットを行っていきませんか?

その他に体調の御相談お待ちしております。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症・耳鳴り・など

 


ページ上部へ