鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2015年03月21日

ダイエット中に避けたい食べ物パート② カテゴリー:

前回はジャンクフードが太ってしまう理由を載せました♪

こちら ★ダイエット中に避けたい食べ物★

 

①ジャンクフードは少量でも高カロリー

②ジャンクフードは飽和脂肪酸を多く含んでいる

を載せました!

 

今回は続きをまとめていきます★

 

③砂糖たっぷりな食べ物が危険!

現代では、甘い飲み物である清涼飲料水がたくさん出回っております。

さらに甘いお菓子もたくさんの種類がありますね。

新しい味が好きな私もついつい味見してしまいます!

しかし砂糖を摂りすぎるととっても危険です。

1,血糖値を急上昇させ、たくさん食べてもお腹が空く

2,糖尿病の原因になる

3,身体を冷やし、様々な病気に繋がる

4,体内からカルシウムを奪い、骨粗鬆症のリスクが高まる

5,高カロリー

6,感情的になる

 

「コーラを飲むと骨が溶ける」と小さい頃から言われていましたが、

砂糖は身体の中で消化されていく過程でカルシウムなどのミネラルを奪っていきます。

カルシウム不足になり、骨粗鬆症・腰痛・膝痛・不眠症・アレルギー体質・イライラなどの症状が現れます。

 

砂糖は疲れた時に欲しくなるため、疲れが取れるように思われがちですが、

それは間違いです。

砂糖は素早く血中に取り込まれ血糖値を急上昇させるため、一時的に疲れがとれたように感じます。

しかし、血糖値が急降下しますので疲れやすくなり空腹感を感じやすくします。

根本的な疲労回復にはならないのです。

甘いものがどうしても欲しいのであれば、ビタミンやミネラルをしっかり摂りましょう。

健康的なダイエットを行っていきましょう。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

1週間に1度来ていただき、脂肪がきちんと減量出来ているか確認しながらダイエットを行います。

一人でダイエットを行っても続きません!

辛いダイエットは止めて、楽しいくわくわくするダイエットを行いましょう(●^o^●)

やる気と脂肪がある方はお電話下さい。

 

花粉症・自律神経失調症・更年期障害・不眠症・不妊症・めまい・頭痛・腰痛など

お困りな方はお電話お待ちしております。


ページ上部へ