鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2015年01月30日

空腹時のイライラの対処方法★ カテゴリー:

お腹が空くとイライラすることってありますか?

ダイエットをしている人やダイエットをしていない人でも経験はあると思います。

 

空腹時にイライラし耐えられなくなり暴飲暴食にはしり…

結局リバウンドし体重が増える結果となってしまいます。

 

空腹のイライラによりストレスとなり、痩せにくい身体にもなってきてしまいます。

 

 

★空腹でイライラする原因★

空腹状態は、血液中の糖の濃度が低くなった状態(低血糖)であり、それによりイライラが生じます。

炭水化物・糖質などを食べて腸から吸収されると、血糖値が上昇します。

その後、血糖値は緩やかに下がってきます。

 

血糖中の糖が足りなくなると、脳に「糖が足りません」と刺激がいきます。

そして脳の怒りやイライラといった感情を司る「扁桃体」というところから『糖を補充してください』と命令が出て、

それがイライラとなります。

 

要するに、空腹でイライラするのは、脳が「糖分を補充してください」と命令を出しているからです。

 

 

★ではどうすればイライラが起こらないのか!!★

 

血糖値が急上昇すると急降下します。

急降下すると低血糖になりやすく、イライラが起こってしまうため、急上昇しない食生活にすれば良いのです。

 

血糖値の上昇を緩やかにする必要があります。

食事の糖質を腸から吸収されるスピードをゆっくりにすればよいのです。

 

①低GIのものから食べる

食物繊維が豊富な野菜や海藻類を食べるようにしましょう。

②精白米より胚芽米、白いパンよりライ麦パンを選ぶ

③ゆっくり噛んで食べる

④うどんや丼ものではなく定食を選ぶ

⑤お菓子を止め、ナッツを食べるようにしましょう

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

その理由は、体組成計にて現在の身体をチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態をチェックいたします。

そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させて頂きます。

興味のある方は、一度ご相談してください。

体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要です。

体質改善や症状などにお困りな方、漢方・ダイエット・不妊症・自律神経失調症・更年期障害などのお悩みの方は、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ