鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2015年01月15日

間違ったダイエット方法*3つ!! カテゴリー:

危険なダイエット方法(@_@;)

 

①食事を減らすだけのダイエット方法

食事にて摂取量を減らすと、人間の身体は足りないエネルギーを補うために、

身体に蓄えられた脂肪を燃焼してエネルギーを確保します。


それと同時に、食事を減らしているとホメオタシスがはたらき、

「このまま痩せていったら飢餓状態になりバランスがとれなくなる~」といって痩せないように基礎代謝量を減らします。

 

基礎代謝とは:呼吸・心臓の機能や脳・胃の活動、体温の維持など、

人間の生命維持のために消費されるエネルギーで、消費エネルギー全体の約70%を占め、寝ている間でも消費されています。

 

 

良かれと思って食事を減らしても、省エネモードに入りますから体脂肪も減りづらくなります。

 

よって必要栄養素は確保する必要があります!

食べなさすぎは危険です。

食べすぎなければ良いのです!

私も昔、ダイエットといって食事量を減らし1日1食程度で、炭水化物を減らし努力をしました。

食べれないことでのストレスを抱えながらのダイエットをしているにも関わらず、全く痩せないのです。

摂取カロリーを減らしていても痩せないということを知ったのは松山漢方薬局でのダイエットをしてからです。

 

1日3食バランスよく食べることで太らない身体を手に入れることができます♪

昔に比べて食べる量が増えたのに、私は太りません(●^o^●)

 

ダイエットに励んでいる皆さんにこの喜びを知ってもらいたいです★

 

 

②単品ダイエットは止めましょう

テレビで良く耳にする単品ダイエット。

バナナダイエットやリンゴダイエット・トマトダイエット・寒天ダイエットなどなど…。

その時々で流行る単品ダイエットは栄養バランスが崩れます。

 

それぞれには良い栄養が入っていても足りない栄養素もあります。

食材はバランスよく摂るようにしましょう。

 

③短期間で急激に体重を減らすこと

完全なる絶食をして、短期間に体重を減らすことはとっても危険です。

無理な減食は月経不順や自律神経失調症を招いたり、拒食症・過食症の原因になります。

又、ダイエットが辛くなり暴食が続き結局リバウンドしてしまいます。

 

減食によって、体重は減りますが脂肪とともに筋肉量も減ってしまうのに対し、体重が元に戻るときは脂肪だけが増えてしまいます。

やつれた姿や脂肪のついた姿は美しくありませんね。

 

バランスよく食事を行い、きれに痩せるダイエットを行いましょう★★


 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

過酷な思いをして痩せても、日々の食事の見直しをしなければ痩せた姿をキープできません。

太ったらダイエットをして、また太ってきて…を繰り返している人は、

太らない生活リズムをつけてみませんか?

松山漢方相談薬局でお待ちしております。



 




ページ上部へ