鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年09月17日

コンビニの誘惑を断ち切るダイエット! カテゴリー:

『仕事の帰り、コンビニに寄るのは当たり前。』

『ストレスがたまると、なんでも売っているコンビニで大量に食べ物やお菓子を買って帰る。』

『仕事が遅いから、コンビニで出来ているものを買って帰る。』

コンビニイラスト

この様にコンビニを愛用している方が多く、

さらに体重が増えてしまうと悩まれる方を良く耳にします。

 

『帰宅時間も遅いことから、手作り料理は出来ず、

コンビニなどで出来合いを買って夕飯を済ませる。』

この生活が続き、体重が増えたという方も少なくないでしょう。

 

なぜコンビニ通いで太ってしまうのか?

 

◎少し、お腹が空いただけでも、立ち寄ってしまう。

食べたいものが決まっていなくても、商品の種類が多いため、食べたいものが見つかる。


又、コンビニは新商品を多数扱っているので、

検討違いの物を買ってしまう傾向にあるため、必要以上に買ってしまう。

 

◎油が多く、味付けが濃くで出来ている。

ラードや油脂類、糖質なども多く使われている。

おにぎりでさえも、たくさんの油がコーティングされています。

 

◎レジ前の温かいフードに目がとまりやすい。

買う予定もないのに、匂いにそそられてついでに買ってしまいます。

 

◎スィーツにそそられてしまう。

コンビニによって違う種類のおいしくて甘いものが多い。

ついつい買ってしまいます。

 

 

★解決方法★

 

①コンビニを通らないルートで帰る。

目の前にコンビニがなければ、誘惑も少なくなるでしょう。

 

②仕事の脳からリラックスモードに変える。

音楽を聞いて帰ったり、本を読んで仕事からリラックスモードに変更する。

ホッと出来る音楽を選びましょう。

 

③ゆっくりとお風呂に入る。

身体が温まるとホッとして、心の緊張がほぐれます。

 

④コンビニで1か月に使っているお金を計算する。

スーパーより、値段が高いため、ちりも積もればやまとなる!

 

 

⑤夕飯を作り置きする。

カレーやシチューなど、数日に分けて食べる。

冷凍保存などを活用して、なるべく手作りのものを食べる。

 

 

日々の積み重ねが、体重増加につながります。

コンビニに寄ることが癖になっている人は、寄らない工夫をしていきましょう。

それがダイエットにつながります★

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 

 

 


ページ上部へ