鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年06月07日

『ダイエットに必要な基礎代謝』 カテゴリー:

『ダイエットに必要な基礎代謝』

 

ダイエットカウセリングをしていると『基礎代謝』という言葉が出てきます。

基礎代謝って?と聞いてくる方は、ほとんどいなくダイエットでは常識のようになっているようです。

基礎代謝の定義としては、1日何もせずに寝ているだけの状態でも消費するエネルギー量のことを言います。

つまり、生命維持のために無意識に、内臓を動かしたり、血流を流したりしているエネルギー量のことです。

 

・ダイエットカウンセリングをしていて、どうして太ったのですか?の質問に多いのが、

『もともと基礎代謝が悪くて、あまり食べていないのに太ってしまう』です。

・どうしたら痩せると思いますか?の質問に多いのが、

『運動して筋肉をつけて、食べないこと』です。

 

何かのダイエット番組やダイエット食品の宣伝の情報をすり込まれたのか、これがダイエットの常識であれば、ほとんどの方が一時的の効果があっても必ずリバウンドしてしまいます。

 

まず、基礎代謝の内訳は、以前までは筋肉40%、内臓60%と言われていました。ですからダイエットの基本は筋肉を増やすことと言われるようになったのです。

しかし、残念なことに最新の研究データでは、基礎代謝の筋肉の割合が18%、内臓が80%だと言うことです。

仮に、筋肉1㎏を増やしたところで、基礎代謝量は15~45キロカロリーしか上がりません。

有能なボディービルダーでさえ、筋肉量を1、2㎏増やすのに1年くらいの時間を要するとも言われています。

さらには、女性は筋肉をつけたいのではないですよね。

女性としてのキレイなボディラインを保ちたいだけなのです。

 

では、代謝の80%もある内臓機能を高める努力をした方が効率的だと思いますが『食べないこと』ではいかがでしょうか?

私は、ダイエットで摂取カロリーを減らすことは重要だと思いますが、正しい食事に戻し、体に必要な栄養素を摂ることで摂取カロリーは自然と制限することは可能だと思っています。

ダイエットは正しい食事をすることで、食事を見直すキッカケにして頂きたいのです。

 

私はダイエットのカウンセリングを1週間に1度しています。

毎日食べている食事、精神状態などチェックして、効率よく脂肪を燃焼するお手伝いをさせて頂いています。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 

体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方は、ご相談して下さい。

 

漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談して下さい。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局へのアクセス、ご予約、場合のお問い合わせなど、お気軽に045-718-6801までお願いします。

 

住所

横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

 

KANPORO松山漢方相談薬局

松山 拓郎


ページ上部へ